バフェット太郎とは「バフェット太郎の秘密のポートフォリオ(米国株配当再投資戦略)」というブログを書いている人です。もちろん、バフェット太郎という名前はペンネームです。

バフェット太郎は常時、ブログランキングサイトで1位に君臨している人気ブロガーなのですが、なぜかとても評判が悪く、アンチが多いことでも有名です。2chでは「詐欺師アフィリエイターだ」と叩かれています。なぜこれほどまでに叩かれるのか?その真相を探っていきたいと思います。

バフェット太郎の評判は?2chでは大炎上

2chにおけるバフェット太郎に関する書き込みをまとめてみました。

バフェット太郎のダメな所

<1>
2chの掲示板を使って、住民らを自分のブログに誘導する
⇒その後、荒らし行為と自作自演が完全にバレる

<2>
インデックスに勝つための投資法のはずなのに、一度も勝てていない。

<3>
フィデリティ証券のリート投信を配当利回り20%の優れた商品としてブログでアフィリエイトする

⇒タコ足配当の金融商品だった

<4>
フィデリティ証券の投信がS&P500の20倍のリターンをもたらすとウソの宣伝を始める

⇒景品表示法違反にあたる。最終的にフィデリティ証券から契約を解除される

<5>
2年近くハイテク暴落論を唱え続け、その間、ハイテク株は2倍に上昇!

経済予想がことごとく外れている。

<6>
手数料の高いウェルスナビを読者に推奨するも他のブロガーから論破される

<7>
他のブロガーへの名誉毀損によって、ブログ村の運営からペナルティーを受ける (INポイント5分の1カット)

<8>
最近は自分の詐欺行為、不正行為がバレてきたため、自己弁護が多くなってきた。

しかし、何をどう言い訳しても、過去の犯罪行為はゼロにはならない。

<9>
再投資の新規資金はアフィリエイト報酬と親から譲り受けた不動産収益の二本柱。(配当金再投資ではない。)

<10>
かつて「まつうらじゅん」ネームで活動しており、アダストリアへの集中投資で大失敗。

⇒ブログ炎上で閉鎖に追い込まれた。

バフェット太郎の良い所
・何もない。

広瀬と並んで、米国株界隈の2大詐欺師。

上記はテンプレート化されています。いわば、バフェット太郎の今までの行為をまとめた内容といえそうです。

このテンプレートを読む限り、「米国株やってる人の溜まり場」というスレッドの住人を煽りまくって、自分のブログにアクセスを誘導して、そのブログでアフィリエイトして儲けるというビジネス手法を取っていると推測します。

このビジネス手法はありがちといえばありがちです。当然、そういう行為をすれば、2chの住人は怒って騒ぎ立てます。それがまた大きな騒動になって、多くの人がバフェット太郎のブログを訪れることになります。これは「炎上マーケティング」といってよいでしょう。

バフェット太郎10種はハズレ銘柄ばかり?

バフェット太郎は次の10銘柄に分散投資しています。

WMT ウォルマート 生活必需品
KO コカ・コーラ 生活必需品
MO アルトリア 生活必需品
PM フィリップモリス 生活必需品
PG P&G 生活必需品
JNJ ジョンソン&ジョンソン ヘルスケア
VZ ベライゾン 電気通信
IBM IBM 情報技術
MCD マクドナルド 一般消費財
XOM エクソンモービル エネルギー

この10銘柄は市場平均を長期的には超えられるという触れ込みでした。しかし、実際はボロボロに負けています。

851山師さん (ワッチョイ 9ad2-8E8L)2018/04/20(金) 06:38:45.00ID:kRnbvNy50
バフェット太郎の間違った投資法<まとめ>

1)10銘柄に分散していたら安心だ。
⇒投資センスがなくて選択した10銘柄が全部、ハズレだった。

2)シーゲル本でオススメの高配当株を保有していれば市場平均を超えられる。
⇒実際は全て衰退銘柄なので、市場平均を大幅にアンダーパフォームしている。

3)アフィリエイトと親から譲り受けた不動産からの収益で毎月50万円ずつ投資してナンピンすれば、株価回復局面で大幅に資産が増える。
⇒実際は貴重な新規資金を衰退し続ける企業に割り当てているだけで「捨て金」になっている。

4)アマゾン、グーグルなどのハイテク株に投資するのはリスキーである。
⇒実際はハイテク株は社会インフラになっており、ハイテク企業がオールドエコノミー企業のシェアを奪う状況がずっと続いている。むしろ、オールドエコノミー株を保有しているリスクの方が大きい。

5)株価下落局面ではバフェット太郎10種は力を発揮する。
⇒実際は株価下落局面においてハイテクの方が耐え忍んでおり、バフェット太郎10種は市場平均、ハイテクよりも大きく下落している。

6)ハイテク集中は欲の皮が突っ張ったクソダサイ投資家がやる行為である。
⇒実際はシーゲルの良いとこ取りをしようして欲張りなのはバフェット太郎の方である。ハイテクに投資している人は欲深くはなく、単純にあなたのようにボコボコにやられるのが嫌でリスクをヘッジしようとしているだけである。

炎上マーケティングがスゴイ件

炎上マーケティングとはわざと非難を浴びる行為を行って、注目を集めて、ブログに多くの人を呼び寄せるというマーケティング手法です。かなりグレーな手法で一歩間違えれば、ブログが閉鎖されたり訴えられたりする危険もあります。

その代り、成功すれば大きな利益に繋がります。バフェット太郎はこの「炎上マーケティング」のプロとも言えるブロガーで、うまく2chの住人を煽りながら、非難されることを理解した上で、戦略を組み立てています。2chには次のような声が多く寄せられています。

221山師さん (ワッチョイ ca87-6Vn5)2018/04/08(日) 22:36:01.65ID:kab6At4o0
バヘット太郎はあんまり粘着するようなら、管理人に通報して書き込み禁止にさせればいい

495山師さん (ワッチョイ 2a70-lfby)2018/04/11(水) 05:23:02.27ID:j39P3qwn0>>496
ハイテク株が爆上げしてると思ったら、バフェット太郎がハイテク株オワコン宣言をしていたんだね

496山師さん (ワッチョイ cad2-N9Jr)2018/04/11(水) 05:43:08.36ID:hALE+RWB0
>>495
もう毎回お馴染みの光景だね。
バフェット太郎って、ハイテクを社会インフラと認識せずに20年前で思考停止しているからな。
自分の持っている銘柄は全てボロボロなのを棚に上げて、変な主張を繰りかえしている。
投資が下手なアフィリエイターとしか、おれは見ていない。

514山師さん (ワッチョイ cad2-6Vn5)2018/04/11(水) 07:49:10.77ID:hALE+RWB0
>>511

MM39-Jlln

このIDはバフェット太郎関連の書き込みばっかりやっているな。出入り禁止にしてほしい。
この掲示板のみんなはBF太郎のように毎年、市場平均をアンダーパフォームしていて、株式投資で失敗している詐欺師アフィリエイターには興味がない。

522山師さん (ワッチョイ 2d56-lfby)2018/04/11(水) 08:19:08.53ID:at4/hCnq0
B太郎が滑稽なのは相場に一喜一憂するなと言いながら
ハイテクの上げ下げには超敏感でちょっと上がれば鬱になりちょっと下げれば狂喜する始末

525山師さん (ワッチョイ cad2-6Vn5)2018/04/11(水) 08:27:32.34ID:hALE+RWB0
バフェット太郎が今までやってきた悪事をAmazonレビューに書き込んで、世の中の人に真実を知ってもらうチャンスだな。

533山師さん (ワッチョイ cad2-6Vn5)2018/04/11(水) 10:19:48.98ID:hALE+RWB0
>>532
月50万以上貰える仕事=ブログアフィリエイト+親から譲り受けた不動産からの収入

初見の読者は「配当金を再投資したら儲かるんだ」と勘違いしてるが、実際にはBF太郎が投資している10銘柄は全滅している。唯一、まともなのがウォルマート。
しかし、ウォルマートの業績は近年は横ばい。成長株を全否定して、衰退企業の配当金を目当てに投資する手法を無理矢理、正当化している変なブログ

結局、コイツのビジネスモデルは投資ではなくブログのアフィリエイト報酬をいかに高めるかという目的で運営しているんだろうな。

540山師さん (オイコラミネオ MMce-/5vW)2018/04/11(水) 11:39:51.10ID:F0X5DzgpM>>542
>>539
日本一アンチが多いブロガーってのを宣伝に使ってるから、Amazonレビューが炎上することはむしろバフェット太郎を利する行為になるかもしれないけどね

542山師さん (ワッチョイ cad2-6Vn5)2018/04/11(水) 11:46:26.73ID:hALE+RWB0
>>540
なんか、バフェット太郎って与沢翼みたいだな。
やっていることもやり方も与沢翼を真似しているようにしか思えない。分野がネットビジネス界隈なのか米国株式投資界隈なのかの違いはあるけど。

2chを読む限り、バフェット太郎は良い意味でも悪い意味でもなかなかのやり手のようです。

バフェット太郎=「BF太郎」「BFT」「B太郎」

115山師さん (ワッチョイ b367-Mqc2)2018/04/15(日) 22:23:22.70ID:/NNhr3RR0
負けにくいポートを組んでいるBFTが含み損になるとは信じにくい。
本人がそう言ってるのか?

BFTとは「バフェット太郎」の略だと思います。他にも「BF太郎」「B太郎」と表現されていることもあります。いわゆる隠語です。初見の人には一体、誰のことだか何のことだかわかりませんよね。

炎上マーケティングはどこまで通用するのか?

実は「炎上マーケティング」という手法はここ最近、目にする機会が格段に増えました。ブロガーだけではなくYoutuberもこの手法を多用しています。なぜ炎上マーケティングを多用している人が増えてきているのか? 一言で言えば、手っ取り早く儲けることができるためです。

ただ、一歩間違えれば、危険な営業手法だと言えます。有名Youtuberを見ていればよくわかるのですが、犯罪になるのかならないのかという見極めがとても上手です。その点、バフェット太郎はうまく見極めて、ギリギリ犯罪にならない線を狙っていると思います。アフィリエイターとしてはかなり優秀だということです。