海外公演中心だったBABYMETAL(ベビーメタル)が「5大キツネ祭り」、「巨大キツネ祭り」、「サマーソニック」と立て続けに日本で公演しました。いずれも即日、チケットが完売して、大成功!まだ一般には知られていませんが、今、BABYMETALがとても注目されています。本稿では日本よりも海外から絶大な人気を誇るBABYMETALを紹介していきます。

BABYMETAL、日本公演の様子

Sponsored Link

BABYMETALとは

BABYMETALのメンバー3人

さくら学院の部活動ユニット・重音部として「アイドルとメタルの融合」をテーマに結成され、メタルサウンドながらその愛らしい容姿、メタルの様式美とオマージュに溢れた壮絶なダンス、抜群の歌唱力を生かしたパフォーマンスが話題となっているメタル・ダンスユニットBABYMETAL。

SU-METAL(Vo, Dance)、YUIMETAL(Scream, Dance)、MOAMETAL(Scream, Dance)からなるメタルダンスユニット。2010年、「アイドルとメタルの融合」をテーマに結成。

プロデューサーKOBAMETALが、会社側から「もしアイドルプロデュースするとしたらどういうのやる?」と訪ねられ、同社でテクノとアイドルの融合を成したPerfumeの成功を見ていたKOBAが「自分がやるならメタルとアイドルの組合せ」と応え、そのまま会社からプロデュースとプランニングを任されたという経緯がある。

「Gimme Chocolate!!(ギミチョコ)」のPVが、YouTubeを通じて国内外で大反響を呼んだ。その存在は日本だけでなく、北米、南米、ヨーロッパ、アジアなど海外にも飛び火している。

Sponsored Link

10代と30代以上に人気で20代は知らない?

BABYMETALのメンバー3人

いわゆる「ドルオタ」層は3%未満です。ヲタクではないが、アイドル全般が好きと答えたファンは2割程度。その層がおそらく10代でしょう。

そして30代以上、30代後半以上のメタルおじさんは、<アイドルに免疫のない元洋楽少年>なのです。2010年代以降のアイドルが一糸乱れず高速かつ複雑なダンスを踊ることを、これまで知る由もなかった。

そんなうぶなロック中年が初めて遭遇したアイドルが、自分が若かりし頃熱狂したヘヴィメタをハイスパートに唄い踊る可憐なベビメタだったら、そりゃもう虜でしょう。

40代の皆さんの青春時代、世はまさにバンドブーム。80年代前半のインディーズバンドブームや、80年代末のTBSのオーディション番組「イカ天」がブームの火付け役となって日本中がバンドブームに。その頃、青春を送っていたのが40代。つまり、バンド的なノリ、スタイルは40代の方々にとって「カッコいい」こと、大好物のようです。

Sponsored Link

BABYMETALの曲を聴いてみよう!

一体、どんな曲を歌っているのか?、百聞は一見に如かず。一度、視聴してみましょう。人気の高い曲から順番にリストアップしていきます。

ギミチョコ!!- Gimme chocolate!!

メギツネ – MEGITSUNE

KARATE

イジメ、ダメ、ゼッタイ – Ijime,Dame,Zettai

ド・キ・ド・キ☆モーニング – Doki Doki☆Morning

いいね!- Iine!

ヘドバンギャー!!- Headbangeeeeerrrrr!!!!!!!

「アイドルとメタルの融合」の意味が理解できた!

実際に曲を聴くと、一発で「アイドルとメタルの融合」の意味が理解できると思います。3人ともみんな、とてもかわいい!それだけではなく、歌もダンスもかなり高いレベルでこなしています。見た目はアイドルなのに、やっていることは完全にヘビメタ。このギャップはとても魅力に感じます。しかも聴いていると、不思議とBABYMETALの世界観にハマっていくという魅力があります。

海外ファンから絶賛の嵐!YouTubeチャンネルが熱い!

コメント欄を書いているのは海外ファンばかり

BABYMETALは海外からの人気がとても高いグループです。YouTubeのチャンネル登録者数はもうじき100万人に届きそう。しかも、その多くが海外視聴者だと推測されています。例えば、先程の「ギミチョコ!!」という動画のコメント欄を見ると、このようになっています。

BABYMETALのYouTubeチャンネルには海外ファンからのコメントが殺到している

日本人からのコメントはほとんどありません。これはスゴイ!曲名も英語で歌詞も英語。しかし、所々、日本語が入っていたりするのですが、それが良いアクセントになっているのでしょう。みんな、大絶賛しています。日本の人口は約1億2千万人。世界人口は76億人です。全然、マーケットの大きさが異なります。

YouTubeの視聴回数がトンデモナイことに!?

さらにビックリするのはBABYMETAL公式YouTubeチャンネルの人気の高さです。視聴回数の多い動画の順番に並べると、トップの「ギミチョコ!!」の視聴回数は7800万回を突破しています。

BABYMETALの公式Youtubeチャンネル

それ以外の動画でも1000万回を突破しているものが多数あります。さらに今までの全動画の累計視聴回数は278,738,500回(約2億7800万回)です。

BABYMETAL(ベビーメタル)はテレビ番組出演はほとんどしない方針です。Youtubeでのミュージックビデオ公開、ロックフェスへの出演、国際的な大物アーティストの公演前座による波及・拡散を重視した戦略を取っています。そのため、知らない人が多いかもしれません。しかし、彼女らには一度、知ってしまうとやみつきになってしまう魅力があります。