8月22日放送の『月曜から夜ふかし』では、高知県の黄金生姜が紹介されます!

その特徴や効能を調べてみました。

さらには紅茶として飲まれることもあるということで、そのへんについても見ていきたいなと思います☆

Sponsored Link

月曜から夜ふかしで紹介、高知県の黄金生姜の特徴とは?

月曜から夜ふかし 高知 黄金生姜

黄金生姜といっても生姜なワケで、一体ふつうのものとなにが違うねん!?という方のためにその特徴を見ていきたいと思います。

まず見た目ですが、ここからかなり特徴があるようで、従来のしょうがと比べてより黄色みが強く、退色もしにくいそうです。

黄金」と銘打ってるわけですから、まぁ色味の強さは大事ですわな!

黄金しょうがは、非常に鮮やかな黄金色をしているので、一目見て従来のしょうがと違うことがわかります。通常のしょうがは、薄黄色といった色味ですが、黄金しょうがはさつまいものごとくとても濃い黄色なので、すりおろして比較してみると一目瞭然の違いがあります。

引用元:https://www.kagoshimanouen.jp/gold-syogatokucho

ということなんですね。

さらに、普通の生姜と黄金生姜をすりおろして1時間後に比べてみると、その色の違いが歴然だそうな。

ようするに黄金生姜はその輝きを失わないってことですね。

私達もいつまでも輝いていたいですね(適当)

 

黄金生姜の半端ない効能の高さ

月曜から夜ふかし 高知 黄金生姜

しかし、見た目だけすごくてもアカンですわな。

生姜ってのはカラダを温めたり、風邪を引いているときに食べたり、人々はその「効能」に期待して生姜を食べることも多いものです。

果たして黄金生姜にはどういった成分が含まれているのか?

その答えは「ショウガオール」と「ジンゲロール」です(なんだそりゃ

ショウガオールとは香りの成分で、ジンゲロールとはしょうがならではの辛味成分のことです。

これらの成分が非常に多く含まれているのが、この黄金生姜の特徴なんですね~。

そんなことなんで、黄金生姜のすりおろしをひとくち食べただけでも、超濃厚な生姜の辛みを感じることができ、結果としてカラダもホカホカあったまるう~↑ってことみたいです(・∀・)

 

黄金生姜は紅茶に入れても嗜まれる

Sponsored Link

「黄金生姜」と検索すると、予測に「紅茶」の文字が。

なんや?と思って調べてみると、どうやら黄金生姜のすりおろしを少量紅茶に加えて飲むと、

たちまちカラダが温まるようですよ!

この暑い時期だから紅茶とかあんまり飲みたくありませんが笑、アイスティーにしても良いかもしれませんし、ジンジャエールにしても刺激的な味わいが楽しめるんじゃないでしょうか☆

風を引いてるときにもおすすめということですが、夏の時期にも夏バテ対策になるなと思いました!

ここで紹介した黄金生姜のこと意外にも、『月曜から夜ふかし』では有益な情報が得られるかもしれませんので是非ともチェックしましょうね☆