現在放送中の月9『好きな人がいること』の第7話のロケ地はどこか気になったので調べたところ、広島県の尾道駅や来島海峡大橋が使われていたことが分かりました。

『好きな人がいること』は、広島との繋がりがなかなか深いですよね~!

今回放送の第7話でも、広島の尾道駅前の様子や、来島海峡大橋から眺める綺麗な夕焼けが映されていました!

Sponsored Link

月9『好きな人がいること』第7話のロケ地は尾道・来島海峡大橋!

好きな人がいること 第7話 ロケ地 どこ 尾道

いや~大好評放送中の『好きな人がいること』ですが、先週はお休みだったので今回の第7話を楽しみにされていた方も多いことと思います!

なんたって第6話の終わり方がwww

冬真によって、夏向が本当の兄弟ではないことが打ち明けられて、ええーっ!?って感じでもうビックリしたまま終わったんですよね。笑

それから2週間も空いちゃうなんてちょっと酷すぎやしませんか?

さらには第7話は15分拡大バージョンということもあり、いつも以上に注目が集まっていることでしょう!

好きな人がいること 第7話 ロケ地 尾道

 

そんな皆が待ちわびた第7話ですが、今回のロケ地が気になって調べたところ、

広島県の尾道(尾道駅)・来島海峡大橋であったことがわかりました!

さて、いったいどんな場所なのか、実際に見ていきましょう!

広島県・尾道市ってどこ?どんなところ?

好きな人がいること 第7話 ロケ地 どこ 尾道
尾道駅と桐谷美玲さん♪

まずは尾道市から見ていきましょう!

ここは夏向が飛び出して向かった先のようですね。予告をみたところによると、どうやら実の母親が危篤状態であると知らされて、辿り着いた先がこの広島県尾道市であると予想されます。

予告編には尾道駅の前を夏向が歩く様子も映されていたので間違いないでしょう。

さらには尾道ロケの際には駅前を利用したこともあり、目撃者が多数いたようです!

『好きな人がいること』は基本湘南を舞台にしているので、まさか尾道に居るとは思いませんよね。笑

ロケ中の山﨑賢人さんや桐谷美玲さんを見られた方は羨ましいです!美男美女!!

参考:月9で山﨑賢人の裸や筋肉が露わに

僕はあまり尾道には詳しくないのですが、広島の中では有名な観光地のようです。

文化と歴史が息づく港町。といった感じでしょうか、カップルや家族が楽しめるスポットが多数あるみたいですねー!

詳しくはこちらのサイトをご覧になってください☆

Sponsored Link

来島海峡大橋ってどんなところ?

次に来島海峡大橋です。最初読み方が分からなかったんですが、「くるしま」と読むようです。

好きな人がいること 第7話 ロケ地 どこ 尾道

来島海峡大橋(くるしまかいきょう おおはし)は、愛媛県今治市、瀬戸内海の来島海峡を跨いで大島と四国を結ぶ長大橋で、来島海峡第一大橋、来島海峡第二大橋、来島海峡第三大橋の総称。本州四国連絡橋の尾道・今治ルートを構成する橋の1つ。

出典:wikipedia

ということみたいですね。

『好きな人がいること』第7話のなかでは、夏向と美咲が2人並んで夕焼けを眺めるシーンにも使われているようで、とてもロマンチックな演出がされてるみたいです!

またこの来島海峡大橋の周辺には複数の島があったり、また渦潮もみることができるということで、観光地としての見どころも沢山あるみたいです。

月9『好きな人がいること』第7話のロケ地はこんな感じ!本編の放送が一段と楽しみです\(^o^)/