ヤマザキから新商品「ルヴァン」が発売されます!気になるのは、はたして味が美味しいかどうか、ですよね。

なにやら「リッツ」と変わらない?という声も聞こえていますが、どうなんでしょうか。

お菓子業界大注目の新商品ということで、さっそく食べた人たちの感想や意見を調べてみましたよ☆

僕もリッツとルヴァン、食べ比べしてみようかな(笑)

Sponsored Link

ヤマザキから新商品「ルヴァン」が発売!

ヤマザキ ルヴァン 味

昨日8月31日、ヤマザキナビスコ社は社名を変更し、ヤマザキビスケット社になりました。

もともとヤマザキナビスコは、世界屈指のビスケットメーカーであるアメリカのナビスコ社と山崎製パン、ニチメン(現双日)によって、菓子業界初の日米合同企業として設立された会社だったんですね。

1970年にアメリカのナビスコ社とライセンス契約を結んで以来、日本で「オレオ」や「リッツ」を生産し販売していましたが、このたびライセンス契約が切れることを原因に国内での生産は終了ということになりました。

※オレオやリッツは今後中国やインドネシアで生産されたものが日本に輸入されるようです。

そして9月から社名を変更してヤマザキビスケット社となることに際し、「リッツ」の後継となる「ルヴァン」が発売されることが発表さています。本日から出荷が開始され、店頭に並ぶのは5日くらいになるみたいですね。

なんか、、「後継」とかカッコいいですよね(笑)※お菓子です。

ルヴァンの味はリッツと変わらない?

ヤマザキ ルヴァン 味

少し分かりにくいですが、リッツやオレオの名前は失われることはありません。ただその生産は別の会社が担うことになるため、生産地がインドネシアや中国に移るということになったみたいです!

そうなると、気になるのが新商品「ルヴァン」のお味ですよね。

しかし、先にも申し上げたようにルヴァンはヤマザキビスケット社が満を持して発売する、リッツの正統な後継者・・・じゃなくて後継ビスケットです。

なのに、リッツと味が大違いだったら大変なことですよね(笑)

ということで、確かにルヴァンの味はリッツとほぼ同じになるみたいです。

参考:ヤマザキ「ルヴァン」の公式サイトはコチラ

ちなみに形状は丸から角ばったものに。外箱も赤から青に変更されています。

Sponsored Link

ヤマザキ「ルヴァン」の感想まとめてみた

最後にルヴァンを食べた人達の感想や意見を聞いてみましょう。

※店頭で並ぶのは5日からと言いましたが、現在開催中のサッカー『ルヴァンカップ』でお客さんに配られているそうで、すでに口にしている人もいるみたいです。ちなみにルヴァンカップはヤマザキナビスコカップの名前が変わったもの。


こんな感想が皆さんあるみたいですね~!味は今のところ好評というか、リッツそのもの!みたいな声が多いみたいです。

個人的に気になって調べてみたのですが、ルヴァンというのはフランス語で「発酵種」という乳酸菌と酵母を生育させて作られるパン種ことを主に指すみたいです。

なんだ全然おもしろくないですね☆

ヤマザキ ルヴァン 味

本日から公開されるルヴァンのCMは、リッツ時代から出演する沢口靖子さんが担当されるということで、

「オン ザ リッツ」ならぬ、

「オン ザ ルヴァン」が聞けるのか楽しみにしたいところです(・∀・)