YouTube上ではおふざけ動画がどんどん出てきた!

豊田真由子議員の「このハゲーーーーっ!!」の恫喝音声が流出してから、YouTubeでは異変が起きています。

この音声を使って、おふざけ動画を作る人が続出しているのです。

現在、最も人気があるのが、以下の動画をシェア(※当サイトの管理人はこの動画の制作者ではありません)します。

思い立ったらいつだって ドンキホーテで待ち合わせ
ドカンとあふれる 夢を買いましょ
気分は宝探しだね

ドン ドン ドン ドンキー ドン・キホーテ
ボリューム満点 激安ジャングル
ドン ドン ドン ドンキー ドン・キホーテ
何でもそろって 便利なお店 ドン・キホーテ

早い者勝ち パラダイス
ドンキめぐりは クセになる
衝動的でも 得したね
今夜は ナニがあるのかなー

ドン ドン ドン ドンキー ドン・キホーテ
いつでも満足 不思議なジャングル
ドン ドン ドン ドンキー ドン・キホーテ
真夜中過ぎても 楽しいお店 ドン・キホーテ

ドン ドン ドン ドンキー ドン・キホーテ
ボリューム満点 激安ジャングル
ドン ドン ドン ドンキー ドン・キホーテ
何でもそろって 便利なお店 ドン・キホーテ

サビの部分の「ドン ドン ドン ドンキー ドン・キホーテ」の部分だけ、絶妙な音声編集で豊田真由子議員が歌っているふうになっています。

この音声を合わせるのにどのぐらい時間がかかったのだろうと思うと、とても驚きを隠せません。

上記の動画は見る人にはよっては腹筋が崩壊してしまうかもしれませんので、ご注意願います。

このような動画が現在、反乱しており、YouTube側でも収集がつなくなっているようです。

Sponsored Link

 

YouTube上で対決動画が続々アップされる異常な事態へ

現在、YouTube上で豊田真由子衆議院議員と野々村竜太郎元議員が対決するというコラボ動画も続々とアップされています。

はっきり言って異常な事態です。

野々村竜太郎の泣きじゃくり会見に対して、豊田真由子が厳しく突っ込んいうという内容になっています。

再生回数の多い順から動画をシェアしていきます。

2017年6月22日に公開されてから2週間も経たないうちに再生回数20万回を突破しています。

今も伸び続けているため、さらに再生回数を伸ばすかもしれません。

 

<2大巨頭対決 豊田真由子衆院議員VS野々村竜太郎元議員 議員対決 国会>

 

とてもクオリティーが高い映像になっています。

豊田真由子の18番「このハゲーーーっ!」で締め上げているのがとても印象的です。

さらに最後はミュージカル調で「そんなつもりはなかったんですーーって言われているのと同じ~~♪」で締めくくっています。

YouTubeのコメント欄には「2人でM1に出てほしい」という声で溢れ返っています。

寄せられているコメントを一部、抜粋します。

  • 野々村(ボケ)、豊田(ツッコミ)でコンビを組んでM-1にエントリーすればブッチギリで優勝だ!!!!
  • 稲田朋美防衛大臣と豊田真由子との名(迷?)コンビの方が人気出るのでは?
  • 本当に優勝しそうで怖い…まあ本人はやらないと思いますが・・・
  • このハゲーー!!!は野々村と関連してて草。
  • いい作品だな。野々村議員作品に何かが足りないと思ってたらこれで完成するんだな。

Sponsored Link

もし豊田議員の秘書が野々村元議員だったら(もしもシリーズ)

さらに「もし豊田議員の秘書が野々村元議員だったら」というもしもシリーズもとても人気の高い動画になっています。

こちらの動画は豊田議員の秘書が自動車の中で豊田議員から罵声を浴びせながら叩かれるという実際のシチュエーションを活かしたストーリー構成になっています。

 

<もし豊田議員の秘書が野々村元議員だったら>

 

この動画もとても丁寧に作り込まれており、人気を博しています。

以下のようなコメントが集まっています。

YouTube側もほぼ野放し状態になっている!

当然のことながら、これらのコラボ動画は消される可能性が高いと思います。

しかし、ざっと確認した限りにおいては、このような動画が30本以上アップされています。

それにほぼ毎日のようにアップされ続けていて、様々なバージョンが出てきています。

YouTubeの運営側が削除に追いついていない状況が続いています。

豊田真由子 VS 野々村竜太郎 YouTubeにて

野々村竜太郎元議員のハゲに再注目が集まる事態に

兵庫県議会の野々村竜太郎元議員は2013年度、約300万円の政務活動費を不正に支出していて、7月1日に記者会見を行いました。

この会見中に突然取り乱して、号泣してしまって、テレビやネット等、各メディアで大きく取り扱われました。

実はこの会見の時はカツラを被っていたことが後から判明しました。

裁判に出廷した際はカツラを取っていて、傍聴していた人達はまったくの別人のように見えたそうです。

豊田真由子議員の「このハゲーーーーッ!」発言によって、再び、注目が集まったという流れになっています。

Sponsored Link

 「コラ画像」「コラ動画」は法的に問題になるのか?

有名人の写真を加工したいわゆるコラ画像、コラ動画は法律上、問題になるのでしょうか?

法的には名誉毀損、肖像権の侵害、パブリシティ権侵害などに該当する可能性が高いと言わざるを得ません。

現在、YouTubeではシステム上、これらの動画を判断して、排除することができません。

そのため、YouTubeでは著作権侵害の申し立てを行える機能を準備していて、申告があったら、人間の目で判断して動画を非公開するという手立てが取られています。

しかし、あまりにも数が多すぎて、申告する側の処理が追いつかないという現状もあって、結果的にコラ動画が反乱する自体になっているのです。

豊田真由子議員関係で言えば、「サザエさんの波平さん」に向かって、豊田議員が「このハゲ―っ」と恫喝するような動画やなぜか関係のないピコ太郎とコラボしていたりする動画が多くアップされています。

しかし、笑い事ではすまされない豊田真由子議員の恫喝行為

既にネット上では「M1に出てほしい」とか「腹筋が崩壊する」とか、既にお笑いのネタになってしまっています。

しかし、豊田真由子議員が行った行為は笑い事ではすまされません。

下記の記事ではその音声と全文をノーカットで掲載しています。

気になる人は参照願います↓↓

豊田真由子の音声と全文をカットなしで完全公開!最新情報あり

全文を読むとわかるのですが、秘書に対する恫喝はもう誰もフォローできないれっきとした犯罪です。

実際に音声データからは「ボコ、ボコ、ポッコー」という人を殴った際の音声も収録されています。

このような行為をスルーされるべきことではありません。

現在、豊田真由子議員は精神的な問題で入院中(国会議員が使ういつもの手です)だそうですが、早急に記者会見を開いて、説明責任を果たすべきでしょう。