毎週話題を呼んでいる『IQ246~華麗なる事件簿~』、はやくも次回で第9話となりました。今回は病院が舞台となる事件も起こるのですが、物語のなかで出て来る病院のロケ地はどこなのか気になっているというファンも多いみたいです。

 

さらに物語が進むにつれて、本当の黒幕が誰なのかというところもいよいよ謎が深まってきた印象です。シナリオも複雑になっており、ファンの予測もマリアT(中谷美紀)だけに絞られず、紗羅駆の妹(新川優愛)や、執事の賢正(ディーンフジオカ)が黒幕だと予測している人もちらほら。

 

クライマックスが近いので、やっぱりこのへんも気になりますよね!当記事では、9話の病院のロケ地に加え、『IQ246』の黒幕も徹底予想!是非最後まで楽しんでいってくださいね☆

Sponsored Link

【IQ246】9話の病院のロケ地は?

まずは今回9話で事件の舞台となった病院のロケ地について見ていきましょう!

 

IQ246 病院 ロケ地 黒幕 妹 賢正

 

最新話ではこの病院が停電して、紗羅駆たちは死んでいると思われたマリア・Tに再び追い込まれることに!!

 

パニック映画さながらの「ハラハラ感」を見事に演出してくれたこの病院はどこにあるのでしょうか?

 

Twitterに『IQ246』のロケ地情報を伝えてくれているアカウントがあったので、そちらのツイートを引用させていただきました。

 

 

 

なるほど、この情報によると栃木県の足利赤十字病院ということで。

 

このドラマは毎回登場する法門寺家の屋敷も鎌倉にあったりと、なかなか広い範囲に渡って撮影を行っていることが分かりますね~\(^o^)/

Sponsored Link

黒幕は誰?新川優愛(妹)?賢正?

続いては気になる黒幕問題!

 

IQ246 病院 ロケ地 黒幕 妹 賢正
不気味さも纏う法門寺瞳

 

これまでの流れではやっぱりマリア・Tが黒幕の本命だったかなと思いますが、最近少しづつ暗雲が立ち込めてきた印象。しかも9話の冒頭はマリア・Tが亡くなったという報告が入るところから始まるので、さらにええ!?って感じでした。笑

 

ネット上ではまず、紗羅駆の妹・瞳(新川優愛)を怪しむ声が散見されます。

 

まぁ言ってしまえば、マリア・T(中谷美紀)さんを黒幕に仕立て上げる流れが強すぎて逆に怪しいんですよねwww

 

前回は「13=M」という話がありました。このMは、マリア・Tの名前である森本のMにつながるということですね。

※アルファベット順で、Mは13番目。

 

しかし、この13。1と3を分けて考えると、

 

1=ひと 3=み つまり「瞳」と。

 

 

という風に読めなくもありませんよね。13=Mというのはミスリードの狙いで、この13=瞳というのが正解という可能性も十分にありそうです。

 

さらに、妹の次くらいに疑われているのは執事の賢正(ディーンフジオカ)。

 

こちらは、賢正が黒幕というより、マリア・Tとグルだった、すなわち黒幕側だったというオチを予想する声が上がっています。

 

9話でもマリア・Tが賢正に対してメンタル的に「揺さぶり」をかけるシーンがありますが、このときの賢正の動揺ぶりも正直不自然に思いました。

 

もし仮に賢正とマリア・Tがグルで、裏で口合わせをして紗羅駆とマリア・Tを接触させるために賢正が動いていたとしたら・・・?

 

これまでの不自然すぎる偶然も、上手く説明がいく箇所ができそうですよね。

 

最新9話では結局マリア・Tも生きているのですが、これまた怪しいようなw

 

今後も最終章に入って怒涛の展開が続くみたいなので、以上のような推理が盛り上がりそうですね~!いや~クライマックスが本当に楽しみでワクワクします!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました\(^o^)/