毎週好評放送中の『東京タラレバ娘』は第7話に突入!最新7話の舞台になったのは、北伊豆ということで、新たな街でどんな展開がまっているのか楽しみですね。

 

また、気になるのは北伊豆のどこがロケ地となったのかというところ!港町として知られる北伊豆ですが、撮影場所となった港がどこかなども気になるところです。

 

さらに7話では倫子(吉高由里子)とKEY(坂口健太郎)が学校で話すシーンも登場。こちらも伊豆にある学校と思われますが・・・?

Sponsored Link

【東京タラレバ娘7話】ロケ地は北伊豆!撮影はどこで?

話題になっている『東京タラレバ娘』!第7話は、舞台を伊豆にうつして始まります。

 

東京タラレバ娘 7話 北伊豆 港 学校

 

なんでも倫子(吉高由里子)の仕事の関係で、香(榮倉奈々)と小雪(大島優子)の2人もついてきた様子。

 

※ちなみに正しくは北伊豆ではなくて中伊豆という表現のほうが正しいという話も聞きました。

 

伊豆では倫子が脚本家としての仕事の楽しさを思い出していきます。同時に恋も新たな展開を見せる第7話。これは見逃せないですよね。

 

【東京タラレバ娘7話】北伊豆ロケ地:キスシーンのあった港

北伊豆(中伊豆)は港町としても知られるエリア。そのため物語の冒頭から、その風情ある港町の様子が映されます。

東京タラレバ娘 7話 北伊豆 港 学校

 

伊豆に降り立った3人娘です。美しい町と、温かい人。伊豆の町の魅力に触れ、大興奮でした。

 

実際、伊豆には港以外にも、修善寺温泉浄蓮の滝など観光スポットが多くあることもわかりました。

 

東京タラレバ娘 7話 北伊豆 港 学校

 

夜の港町では、倫子(吉高由里子)と早坂(鈴木亮平)のキスシーンも。突然のキスでしたね。

 

夜の港っていうのは、そういう気分になるものなんでしょうか。笑

 

東京タラレバ娘 7話 北伊豆 港 学校

 

富士山が見えるシーンもありました。本当に景色のいい場所なんですね。行ってみたい!

Sponsored Link

【東京タラレバ娘7話】北伊豆ロケ地:倫子とKEYのいた学校

また港町が多く映る一方で、学校もロケ地になっていました!

 

東京タラレバ娘 7話 北伊豆 港 学校

 

おそらく、倫子の脚本と関係しているのだとは思いますが、内観だけでは、どこの学校かまでは分かりませんね。

 

こちらは『東京タラレバ娘』7話の放送終了後、情報が出次第、記事の内容に追加していきたいと思います。

 

【追加情報】

 

 

ロケ地について掲載されていた方が居ましたので、Twitterより引用です。

 

旧静浦中学校ということは、今は使われていない校舎なのかな?

 

色んなロケ地について掲載されており、とても助かります。